健康づくり
疾病予防事業
健康診査・専門検診
特定健診・特定保健指導

40歳以上75歳未満に達する被保険者及び被扶養者に対し、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診を行い、その結果をもとに生活習慣病発症リスクに応じて受診者を階層化し、個人レベルに合わせた保健指導を行います。
事業所が行う生活習慣病予防健診の実施により、特定健診の実施に代えます。ただし、任意継続被保険者は除きます。

特定健康診査実施計画書

検査項目一覧表はこちら

対象者

40歳以上75歳未満に達する被扶養者です。
生活習慣病予防健診または、人間ドックを受けた場合、特定健診の実施に代えられます。ただし、健診料について一部自己負担が生じます。

健診機関

(1)厚生連各病院の健診センター
(2)お住まいの市町村が行う集団健診
(3)県内の契約医療機関

特定健診実施機関一覧表

健診料金

厚生連各病院健診センターで受診される場合

個人負担はありません

お住まいの市町村で受診する場合(集団健診)

個人負担はありません

県内の契約医療機関

個人負担はありません

当健康保険組合が負担するのは、特定健診部分のみです。

検査項目

検査項目一覧表はこちら

医師の判断により実施する検査項目は、「検査項目一覧表」の「□」印をご覧ください。

特定保健指導

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満症候群)に着目した特定健診を行い、その結果を基に生活習慣病発症リスクに応じて受診者を階層化し、個人レベルに合わせた保健指導を行います。

特定健診受診までの流れ

受診券の送付
「特定健康診査受診券」が健保組合より該当する皆様へ送付されます。

特定健診のお申し込み
特定健診には、厚生連各病院で行う施設健診と、県内の契約医療機関および市町村又は、国保が行う住民健診があります。いずれかを選択し、お電話等によりご確認のうえ健診日時を予約してください。

特定健診の受診
(1)受診券と保険証を持参し、予約を入れた厚生連病院の健診センター又は、県内の契約医療機関へ行く。
(2)受診券と保険証を持参し、お住まいの市町村や国保が実施する住民健診会場へ行く。

結果の送付
後日、健診結果通知書が郵送されます。

情報提供
メタボのリスクなしと判定された方には、生活習慣病予防に関する情報提供があります。

受診券について、当健康保険組合の資格を喪失された場合、5日以内に当健康保険組合に返却してください。

「誕生月人間ドック」を受診する予定のある方は、人間ドック受診により、特定健診に代えることとなりますので、あらためて特定健診を受診する必要はありません。